三木康一郎のハラスメントがやばい!どんな人なのか調査!

※当サイトの記事には、広告・プロモーションが含まれます。

三木康一郎のハラスメント エンタメ

三木康一郎のハラスメントがやばい!どんな人なのか調査!についてお伝えします。

映画「先生の白い嘘」が7月5日から公開になりました。

累計部数100万部を突破している漫画が原作ということで話題になっていますが、監督である三木康一郎監督の発言も話題になっています。

三木康一郎監督の発言内容がセクハラ・パワハラだとSNSで大きな議論になっています。

三木康一郎監督のハラスメントを詳しくお伝えしたいと思います。 

この記事でわかること
  • 三木康一郎監督のハラスメントとは
  • 三木康一郎監督はどんな人?

三木康一郎のハラスメントがやばい!

映画「先生の白い嘘」では性に関する繊細な描写のシーンもあります。

そのため主演である奈緒さん側から「インティマシー・コーディネーター」を入れてほしいと要望があったそうです。

その中で三木康一郎監督と奈緒さん側とではいろいろは話し合いもあったとは思います。

結果的に三木康一郎監督の考えでインティマシー・コーディネーターを入れないことになったようです。

議論となっている記事の内容は以下です。

奈緒さん側からは『インティマシー・コーディネーター(性描写などの身体的な接触シーンで演者の心をケアするスタッフ)を入れて欲しい』と言われました。すごく考えた末に、入れない方法論を考えました。間に人を入れたくなかったんです。ただ、理解しあってやりたかったので、奈緒さんには、女性として傷つく部分があったら、すぐに言って欲しいとお願いしましたし、描写にも細かく提案させてもらいました。性描写をえぐいものにしたくなかったし、もう少し深い部分が大事だと思っていました。

引用:Yahoo!ニュース

インティマシー・コーディネーターとは

インティマシー・コーディネーターは、撮影現場でセックスシーンやヌードシーンを専門とするコーディネーターです。

親密なシーンを撮影するときに、俳優の安全や快適さを守るための専門家です。

役割としては親密なシーンの動きを決め、俳優と話し合って同意を取ります。

また俳優が安心してシーンを演じられるように、シーンの撮影中や準備段階で支援します。

インティマシー・コーディネーターは、親密なシーンの撮影が俳優にとってストレスにならないようにし、安心して仕事をするための役割を担っています。

三木康一郎のハラスメントに対する声

こういった作品であればインティマシー・コーディネーターは制作側から提案すべきで、映画業界で義務化するべきという声も大変多かったです。

監督は「間に人を入れたくなかった」という考えから、俳優よりも自分の目指す作品を優先したともとることが出来ます。

「女性として傷つく部分があったら、すぐに言って欲しいとお願い」とはいっても、撮影が進んでいる中でなかなか難しいことでもあるように思います。

男女の性の格差を題材にした映画なのに、男性側の感情で断るってどういうこと??まさに男女の性の格差なのでは?

という意見もありました。


三木康一郎はどんな人

三木康一郎のプロフィール

  • 三木 康一郎(みき こういちろう)
  • 生年月日:1970年12月7日
  • 映画監督、演出家
  • 出身:富山県富山市大沢野
  • 代表作:植物図鑑 運命の恋拾いました(2016年)弱虫ペダル(2020年)

三木康一郎監督はもともとバラエティ番組のTVディレクターをつとめていて、のちにドラマを担当しています。

王道ラブストーリーや青春物を手掛けてきました。 

三木康一郎は今までハラスメントがあった?

これまで三木康一郎監督の演技指導がパワハラ、セクハラと大きく話題になったことはありません。

何度も変顔を要求したとか、キスシーン直前までのはずがカットがかからずキスをせざるを得なかったという出演者の声はあったようです。

監督と出演者の立場関係上、やらされてしまうような感覚のことはあったようですね。

三木康一郎のハラスメントがやばい!まとめ

三木康一郎のハラスメントがやばい!どんな人なのか調査!についてお伝えしました.

主演女優のインティマシー・コーディネーターを入れる要望に対して入れなかったことが大きな議論となっています。

過去の映画業界のハラスメントのことも踏まえても映画監督の感覚が問われる発言であったように思います。

今後に生かされることを願います。