小林徹弥の死因・病名は?病気は酒が原因だった?

※当サイトの記事には、広告・プロモーションが含まれます。

小林徹弥の死因・病名は? スポーツ

「小林徹弥の死因・病名は?病気は酒が原因だった?」と題してお伝えします。

2024年6月1日深夜に小林徹弥元騎手がお亡くなりになりました。

50歳という若さでした。

そんな小林徹弥元騎手の死因や病名は報じられていません。

今回は小林徹弥元騎手の死因や病名、病気であればお酒が原因だったのかお伝えしたいと思います。

小林徹弥の死因・病名は?

小林徹弥騎手の死因は公表されていないため不明となっています。

小林徹弥騎手は2019年に騎手をを引退しています。

その後は栗東・千田輝彦厩舎で調教助手として働いていました。

取材を受けた雇用主の千田輝彦調教師は以下のように話しています。

  • 亡くなられた6月1日は朝から仕事をしていた
  • これまでの問題なく調教に乗っていた
  • 体調面での変化はなかった

もし持病などの病気があれば、仕事上伝えていたり何かしら変化などもあったのではと思います。

千田輝彦調教師自身も「急すぎて何も言えない」と話していることから予期できないことであったと思われます。

ネット上では自殺ではという噂もあったようですがその可能性は低いようです。

自死された場合、著名人の記事であれば「いのちの電話」の連絡先が掲載されます。

小林徹弥元騎手の訃報を伝えた記事にはそういった内容はなかったので自殺の可能性は低いと思います。

小林徹弥の死因はお酒?

小林徹弥さんの妻である奈緒さんが6月2日にXで小林徹弥の訃報を伝えています。

馬とお酒が大好きな人でした。大好きなお酒を少し飲みすぎてしまったようです。皆様お身体ご自愛ください

ヤフーニュース

死因については言及されていないものの「お酒を少し飲みすぎてしまったよう」という内容があります。

このことから死因がお酒の可能性があるのではと言われています。

お酒の飲みすぎが原因の病気

お酒の飲みすぎが原因の病気を調べてみました。

お酒の飲みすぎは、肝臓以外の消火器や神経、筋肉など体全体のいろいろな臓器に生障害を引き起こす可能性あるということです。

  • 口腔・咽頭
    口腔、咽頭、咽頭がん
  • 肝臓
    脂肪肝、肝硬変、アルコール性肝炎
  • 十二指腸
    十二指腸炎、十二指腸かいよう、吸収障害
  • 小腸
    小腸炎、吸収障害
  • 生殖器
    卵巣機能不全、勃起不全

  • 痛風、抹消神経障害、大腿骨骨頭壊死
  • 脳神経
    大脳萎縮、記憶障害、認知症、小脳障害
  • 食道
    食道炎、食道がん、食道静脈瘤
  • 心血管系
    心筋症、高血圧、不整脈

  • 胃炎、胃かいよう、胃がん
  • 膵臓
    すい炎、糖尿病
  • 大腸
    大腸がん、下痢
  • その他
    急性アルコール中毒、痛風、末梢神経障害、末梢神経炎、筋力低下、骨粗しょう症、大腿骨頭壊死

参考:アルコール依存症治療ナビ

お酒が原因の突然死

次にお酒が原因の突然死も調べてみました。

  • 肝硬変(食道静脈瘤が破裂)
  • 慢性膵炎(アルコール性ケトアシドーシスで意識がなくなる)
  • インスリン・グルカゴン分泌不全で低血糖
  • アルコール性心筋症

出典:末廣医院

アルコールが飲みすぎのアルコール関連死は全ての突然死の約1割ほどあるそうです。

ただし中年の男性だけで見ると約3割と少し高い割合で、あまり珍しいことではないようです。

ネットの声

ネットでも小林徹弥元騎手の50歳という早すぎる死を悼む声がたくさん上がっていました。

まとめ小林徹弥の死因・病名まとめ

「小林徹弥の死因・病名は?病気は酒が原因だった?」と題してお伝えしました。

小林徹弥元騎手の死因は発表されていないため不明となっています。

雇用主である千田輝彦調教師は「急すぎて何も言えない」と話していることから予期できないことであったと思われます。

妻の奈緒さんは「お酒を少し飲みすぎてしまったよう」と小林徹弥元騎手の訃報を伝えるXで伝えているのでお酒が原因である可能性があるかもしれません。

死因は予測なので本当の死因は分かりませんが、50歳という若さでの死は無念でなりません。

小林徹弥元騎手のご冥福をお祈り申し上げます。